マグロ解体ショー|東京・大阪出張可能

お知らせ

  • HOME
  • お知らせ
  • マグロは成長魚?鮪達人がお応えします!
  • まぐろ日本一

月別アーカイブ

お知らせ

マグロは成長魚?鮪達人がお応えします!

マグロと共に東京・大阪・全国各地にマグロ解体ショーを実施しておりますが、マグロの知識を色々発信しております。今回はマグロは成長魚?について

鮪達人のマグロ解体ショーでは【マグロクイズ】の中でマグロの知識に関するクイズを行っておりますが、この問題は数字が正解なのです。マグロの種類は何種類であったり、マグロの速度は最大時速何キロであったり、世界最大のマグロは何キロとか。何故かというと、クイズが難しくてイベントの流れが止まってしまうのを避ける為でもあります。ですので数字以外のマグロの知識についてここで色々紹介しておりますが、今回はマグロが成長魚か?についてです

 

出世魚といえば、地域によって多少の違いはありますが、ワカシ→イナダ→ワラサやハマチというように名前を変えていくブリが有名です。                  江戸時代の頃までの男子は、成人を迎えると、それまでの幼名ではなく元服名(実名)を名乗るのがしきたりで、同じように成長にともなって名前を変えていく魚も、出世魚として縁起の良いものとされていました。ほかにもスズキやボラなども、出世魚として当時からよく好まれていました。

 



実は、マグロも同じように名前を変える。ではマグロは出世魚なのか?厳密にいえば、違います。その理由として、かつてマグロは下魚だったことが挙げられます。 赤身のマグロは腐敗がすすみやすく、現代のように調理法や冷蔵・冷凍技術が発達するまでは、あまり重宝されていませんでした。今では高級食材のトロですら、脂ばかりでネコさえも食べない「ネコまたぎ」と呼ばれ、港に揚がるとすぐ捨てられていたといいいます。さっと湯引きして醤油やみりんに漬け込む「ヅケ」が登場するまでは、畑の肥料にもされていたという話もあるほどです。             「シビ」という別名も「死日」を連想させることから、武士たちを中心に、縁起が悪いと避けられていたそうです。このようにマグロは不人気だったため、ブリやスズキのように名前が変わるにも関わらず、出世魚として日の目を見ることができなかったみたいです。

 

それが今や小さなお子様からご年配の方まで大人気になったマグロ。お寿司の好きなネタでも必ず上位にランクイン。出世魚ではありませんが、まさしく出世してきた魚だと思います。これからもよろしくね!マグロちゃん♬

  • 料金
  • 質問
  • 感動の追及会社概要
  • イベント情報
  • オプションメニューの数々
出張エリア
東京、大阪、名古屋、福岡、北海道、
沖縄など日本全国、シンガポール、
香港、ガンジス川、ロッキー山脈麓、
ニューヨーク、ラスベガス、
リオデジャネイロ、カリブ海のビーチ、
パリ、ローマ、
ロシア(-20度まで)、ドバイ、
マダガスカル………地球上、全域

弊社オフィス(和歌山市)より
片道 50km 以内

交通費今だけ無料!

〒640-8355
和歌山県和歌山市北ノ新地1-31
Duoキンキ和歌山ビル2F
TEL.0120(917)901

facebook

  • マグロショップ