たったの30秒で入力可能

メールアイコン 電話アイコン

マグログ

  • マグログ

マグロ解体ショー「養殖と天然の違い」

鮪達人です。

出張ケータリング自称日本一の件数を誇り、大阪・東京・全国各地にマグロ解体ショーの実施に飛び回っております!

”エンターテイメントのマグロ解体ショー”をモットーに、お客様に盛り上がって喜んで頂けるマグロ解体ショーをご提供しておりますそんな相棒というべきマグロちゃんについて今回はじっくりとお勉強、今回のお勉強は『天然・養殖の違い』です。

天然ものは、様々な海域で泳いでいるマグロを漁獲したもの。遠洋ものは船上でめ、船の冷凍庫で急速に冷凍します。近海ものは、船上で氷詰めにして水揚げし「生」として扱います。養殖には、卵から孵化したばかりの稚魚から育てるものと、卵を孵化させて育てる完全養殖があり、クロマグロ、ミナミマグロが対象になります。日本では鹿児島・長崎・愛媛・高知が主な産地です。

完全養殖は30年以上の研究を経て2002年に近畿大学が成功し、「近大マグロ」として話題になりました。蓄養とは、幼魚や痩せた成魚を捕え、生け簀などで育てます。クロマグロはスペイン・クロアチア・マルタ・トルコ・ギリシャなど地中海諸国で行われ、ミナミマグロは、オーストラリアやメキシコで行われています。

養殖と蓄養は育て方が異なりますが、日本農林規格(JAS)法により店頭ではどちらも「養殖」として扱われます。天然ものは一本一本の品質が異なりますが、歯ごたえと繊細な味わいがあり色持ちがします。

養殖ものは天然ものと比べるとより脂が乗っています。

このようにマグロちゃんと一口に言っても様々でございます!!