マグロ解体ショー|東京・大阪出張可能

マグログ

  • HOME
  • マグログ
  • マグロの解体ショーでは食べれない?ヅケとタタキ
  • まぐろ日本一

月別アーカイブ

マグログ

マグロの解体ショーでは食べれない?ヅケとタタキ

醤油漬けからヅケが出てきたことは容易に了解できる。冷蔵庫や冷凍庫、また流通網の発達のおかげで、現在のようなマグロ肉を食することができるようになった。調査船照洋丸ではマグロの刺身が残っても手をつけてない部分は捨てないでヅケにして翌日食べた。これがとてもおいしく、タタキの好敵手だった。照洋丸のタタキは土佐風ではなく、マグロ肉+玉ねぎ+味噌を大きなまな板の上で、出刃包丁でミンチ状になるまでよく叩くとできあがり。このマグロのタタキを楕円形に握って平らにしてフライパンで炒めると、ハンバーグ風でけっこういいける。さらに熱湯をかけてお茶漬けにしても、とてもおいしいことを証明している。

河隅:「漁師の料理、おいしそうですね~!居酒屋では食べれない味がありそうですね。漁師さんがレシピ本など出したら、けっこう売れると思うんですけどね~。。。笑」

 

  • 料金
  • 質問
  • 感動の追及会社概要
  • イベント情報
  • オプションメニューの数々
出張エリア
東京、大阪、名古屋、福岡、北海道、
沖縄など日本全国、シンガポール、
香港、ガンジス川、ロッキー山脈麓、
ニューヨーク、ラスベガス、
リオデジャネイロ、カリブ海のビーチ、
パリ、ローマ、
ロシア(-20度まで)、ドバイ、
マダガスカル………地球上、全域

弊社オフィス(和歌山市)より
片道 50km 以内

交通費今だけ無料!

〒640-8355
和歌山県和歌山市北ノ新地1-31
Duoキンキ和歌山ビル2F
TEL.0120(917)901

facebook

  • マグロショップ