たったの30秒で入力可能

メールアイコン 電話アイコン

マグログ

  • マグログ

マグロ解体ショーで使うマグロの質について説明致します。

鮪達人です。マグロ解体ショーで使うマグロについて説明致します。まずは、マグロの質を決めますのが、4つの要素と言われております。「色」「香り」「食感」「値段」です。まずは、「色」と言いますと単純に包丁で切った時の断面の色はもとより、その魚がどれだけ長く色持ちするか、やがてこげ茶色になります。「香り」マグロはカツオやサバなどと一緒で高速で移動する回遊魚です。高速で泳ぐ為筋力がいります。マグロは、血液の塊なです。マグロは、暴れるとマグロの筋肉の温度は上がり、マグロの酸化がはじまります。そうならないようになるべくストレスをかけないようにしみずあげします。

そして「食感」を決定しますのは、そのマグロの脂の乗り具合です。マグロの腹の断面はリブロースのような霜降り肉となる。マグロの旨さは、「脂」にあるとい人は、多い。「値段」マグロは使う職人二よってこのみが分かれます。高いマグロはが、必ずしも万人にとっていいマグロではありません。適切に処理されたマグロは、1週間ほど熟成が進み色、香り、食感、が増す場合もあります。切り出した日にイマイチでもそのあと味わいが良い方向に化ける魚もいるので、マグロを買うのは奥が深いです。