メールアイコン 電話アイコン

マグログ

  • マグログ

鮪達人のマグロ解体ショーは、こんな感じです♬

全国各地にマグロ解体ショーの出張ケータリングを実施しております鮪達人。どんな感じで進むの?

生マグロを使用したマグロ解体ショーを全国各地に出張ケータリングを行っています!24時間365日、お客様のご要望に合わせて屋内・屋外問わず出張しております。華やかなシャンデリアがあるホテルの会場や、ゲストハウスで法人様のパーティーや、ご披露宴でのサプライズ演出。法人様のオフィスや個人宅での実施。住宅展示場等の集客イベントにも出張したりしておりまして、お客様のニーズに合わせてマグロ解体ショーを実施しております。現場には実施2時間前に出向き、担当者様との打合せや会場様の資材を傷つけない・汚さない丁寧な準備を経て本番まで待機します。マグロ解体ショーが始まる際、我々が持参するBGMを流してもらい(会場様にスクリーンがある場合は、マグロの映像を流して!?マグロ解体ショーを盛り上げます。

マグロ見参!

市場にたった1割しか流通しない希少価値のある生マクロを肩に担いだ職人が、颯爽とお客様の前を練り歩くと、皆様カメラを向けて記念撮影タイム♬ ステージに到着したマグロの説明が終わると、すぐに捌き始めるのではなく、マグロクイズが始まります。簡単な数字当てのゲームなので、会場はまるでセリ感覚!活気ある雰囲気となります。ここからマグロを捌いていきますが、マグロは”幸せを呼ぶ魚”と言われています。

何故、幸せを呼ぶ魚と言われているかというと、マグロの奉納は大漁と商売繁盛を願って昭和45年から西宮神社で始まったもので、2008年からは同市場の青果卸売協同組合なども奉納を行い、マグロの横に青果も供えられます。巨大な冷凍マグロが奉納された。頭や体にお賽銭を貼り付けると「お金が身につく」とされ、早速、御利益にあやかろうと多くの参拝者が毎年訪れます。東部水産物卸売協同組合などが「十日えびす」(9~11日)にあわせ、1970年から毎年奉納しています。

幸せ一杯!マグロ入刀式!

そんな縁起の良いお魚なので、マグロの一太刀目は職人ではなく、お客様に行って頂く【マグロの入刀式】が始まります。ここも写真映えする瞬間なので、皆様近くに来られてお写真を撮られます。

ここから本格的なマグロ解体ショー、マグロがリズム良く軽快に、且つ豪快に捌かれていきます。

マグロを只捌くだけでなく、部位毎に説明していきますので楽しくマグロの知識がお勉強できます。マグロ解体ショーをご覧になるシーンは市場やスーパーマーケットが多いかも知れません。自分達のグループだけでご覧になるマグロ解体ショーは盛り上がりも倍増です

豪快!!

マグロのカブトと尻尾、カマの順番で捌いていきます。マグロの尻尾は、マグロの状態のほとんどが分かる部位とされております。水揚げされたマグロがどれくらい鮮度があるのかを見るのに尻尾の断面で判断します。市場でマグロが横になっている映像がニュースで流れている際に、マグロの尻尾が無いのはそのせいです。もっと昔は、胴体の部分を削って鮮度を見ていたので、マグロがボコボコになったそうです。汗

続いて頭の部位です。栄養素の宝庫とも言われる頭は、頭肉(脳天)の部位は本マグロなら大トロよりも脂が乗っていて大変希少価値があります。続いてホホ肉は、止まらないマグロは年中ホホ肉を動かして酸素を取り入れています。ですので、筋肉の発達が進んでいて、お肉のようなサシの入った部位です。

その後はカマです。他の魚同様、マグロにもカマが2つ付いておりまして、本マグロのカマは【カマトロ】と呼ばれ、上品な甘味のある味と全体の1%しかとれないのが特徴です

そこから胴体へ移ります。通常お魚は3枚卸しが基本ですが、マグロは5枚で卸していきます。上身の背と腹、中骨、下身の背と腹という形で捌いていきます。

ネギトロ!!

続いて中骨です。マグロの身はとても繊細ですので、ひっくり返さないでそのまま外していきます。中骨についている身が中落といいまして、いわゆる【ネギトロ】にあたります。昔、漁師さんが中落の身を貝殻でこそぎ取る所からねぎ取るネギトロと呼ばれるようになったと言われております。

マグロの中落ちといえば、ネギトロなどによく使われる食材です。みなさんも一度は口にしたことがあると思います。リーズナブルで美味しい、家庭に嬉しい存在ですよね。マグロであることは理解できるが、中落ちとはどこの部位なのだろうか?実は知らない人も多いかもしれませんが、その答えはズバリ、中骨についている身のことです。

本日はここまで!明日はお寿司について詳しくお話しします!