たったの30秒で入力可能

メールアイコン 電話アイコン

マグログ

  • マグログ

ご家庭でマグロを食べる時。

マグロと言えば、鮪達人!マグロの事は何でもお任せください♬今回は【美味しいマグロの見分け方】について

マグロ解体ショーを通じて、マグロとは本当に近い距離で普段から接しております。別事業でも【鮪達人天神店】という大阪東天満に生マグロフルコース専門店を出店しております。そこで、今回はご自宅でマグロを食べる際に、マグロを選ぶワンポイントアドバイスを♬

生マグロを上質な空間で楽しんで頂いております。マグロ専門店というと、大衆的なイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、ラグジュアリー空間で美味しい生マグロを食べると格別の気分となります。

このように、普段からマグロに携わる私達からのワンポイントアドバイスをお伝えします。

スーパーでマグロを購入するときは、サクや刺身になったものを購入することが多いですよね。せっかく買うなら鮮度が良く美味しいものを購入したいものです。

では、このように一般消費者用におろされたマグロの鮮度や美味しさは、どのように見分けるのでしょうか?
今回は、美味しいマグロの見分け方をご紹介します

スジが平行に入っていて薄ければ、それは赤身の最上級と呼ばれる「天身」という部分です。マグロの脊椎(中心)分にあたり、中心部にいくほどスジが薄くなり色も濃くなります。

天身はスジっぽさがなく、やわらかく味が濃いのが特徴です。

スジが斜めに入っているものは、天身に近い部分です。天身ほどの色の濃さはありませんが、ほどよく身が固いため刺身に向いています。

スジに対してなるべく垂直に切ることによって、スジっぽさが気にならなくなりますよ。

スジの間隔は頭から尾に行くにしたがって狭くなっていきます。また頭や尾に近いほどサクにしたの断面に見えるスジが半円状になります。中心から離れた部分にいくと脂も少なく身も固め、さらにスジっぽさが目立ってしまうため、刺身には不向きです。

マグロはサクで買った方が値段的にお得ですが、すぐに食卓に並べたいときは刺身の状態に切られている方が助かりますよね。美味しいマグロの刺身もスジの入り方と色で見分けます

美味しいサクの選び方でもお話ししたように、刺身用に切る際はスジに対して垂直に切ると、口に入れたときにスジっぽさをあまり感じなくなります。ですから、刺身にしたときにスジが縦に入っているとOKです。

スジが白くなれば硬くなりますが、斜めに入っている物を選ぶとお刺身にしたときにそこまで気になりません。

反対にスジが横に入っているものはスジを噛みきるのが難しく、よい食感とはいえません。

包丁を入れる角度と同じようなスジの入り方はお刺身用としてオススメ出来ません。タタキ・剥き身・焼き、などであれば美味しく召し上がれるでしょう

サク・刺身の両方に共通して、スジの見え方のほかにも次のようなポイントに気をつけてマグロを選ぶと良いでしょう。

鮮やかな赤色のものを選ぶ

スーパーに並ぶマグロのほとんどは冷凍したマグロを解凍したものです。一度解凍されると、日が経つに従い色が落ちてきてしまいます。赤く綺麗に発色していれば、それだけ解凍して間もないものなので美味しくいただくことができますよ。

反対に黒っぽく変色していたり、緑色になっていたりするマグロは、解凍してからかなり時間が経っているものなので買わないように気をつけましょう。

水分が出ていないものを選ぶ

解凍してどのくらい時間が経っているかは、サクや刺身の下に敷いてあるシートを見れば一目瞭然です。このシートは吸水シートなので、マグロから出た水分を吸ってくれます。このシートに水分が多く含まれていたり、身の色が落ちて赤くにじんでいたりするものは選ばないようにしましょう。

マグロの状態をよく見てから購入しよう!

スーパーでサクや刺身になったマグロを購入する場合は、スジの入り方や色をよく見て買うようにしましょう。同じ値段でも状態をよく観察することで、より美味しいマグロに出会うことができますよ