マグロ解体ショー|東京・大阪出張可能

マグログ

  • HOME
  • マグログ
  • マグロの解体ショーでは、お寿司だが、昔はどうやって食べていた?
  • まぐろ日本一

月別アーカイブ

マグログ

マグロの解体ショーでは、お寿司だが、昔はどうやって食べていた?

マグロが敬遠された理由のひとつですが、基本的にマグロの赤身は白身魚に比べると足が早いのです。マグロは当時、塩をたっぷりまぶしてすりこむ「塩マグロ」として扱われていました。マグロも含め、魚の身は細菌が増えて腐敗を起こす前に、自己消化によってタンパク質が分解されてうまみ成分であるイノシン酸となります。自己消化とは魚自身の持つ酵素によって分解していくことです。この分解の速さが、ヒラメやマダイのような白身に比べ、マグロのような赤身のほうが早いのです。ただしなぜマグロなどの赤身の魚の方が分解の速さが速いのかについては、よくわかっていません。

市販のクロマグロの刺身の分解タンパク質量を測ってみると、なかには驚くほど高いものがあります。そのマグロは、腐っているのではないかと疑われることもあるそうです。

しかし、そのようなマグロはけっこう美味しいのです。牛肉も同じで、熟成したうまい牛肉も、この分解されたタンパク質が多く含まれているからなのです。

  • 料金
  • 質問
  • 感動の追及会社概要
  • イベント情報
  • オプションメニューの数々
出張エリア
東京、大阪、名古屋、福岡、北海道、
沖縄など日本全国、シンガポール、
香港、ガンジス川、ロッキー山脈麓、
ニューヨーク、ラスベガス、
リオデジャネイロ、カリブ海のビーチ、
パリ、ローマ、
ロシア(-20度まで)、ドバイ、
マダガスカル………地球上、全域

弊社オフィス(和歌山市)より
片道 50km 以内

交通費今だけ無料!

〒640-8355
和歌山県和歌山市北ノ新地1-31
Duoキンキ和歌山ビル2F
TEL.0120(917)901

facebook

  • マグロショップ