メールアイコン 電話アイコン

和歌山のゲストハウスでマグロ解体ショー

ジューンブライドである6月に、和歌山のゲストハウスでマグロ解体ショーを実施してまいりました

  • 和歌山のゲストハウスでマグロ解体ショー
  • 和歌山のゲストハウスでマグロ解体ショー
  • 和歌山のゲストハウスでマグロ解体ショー
  • 和歌山のゲストハウスでマグロ解体ショー
  • 和歌山のゲストハウスでマグロ解体ショー
実施日 2022年6月11日
参加人数 50名様
マグロの大きさ キハダマグロ40㌔

法人様のパーティーや、ご披露宴でのマグロ解体ショーでホテルの会場を利用する機会が多いマグロ解体ショー。勿論パーティー会場や野外もありますし、個人様宅でのご利用もあります。お客様がお望みの場所で鮪達人はマグロ解体ショーを実施しております。東京・大阪が多いですが、全国各地へ出張ケータリングを実施しております。今回はご披露宴でのパーティーにご依頼があり和歌山へ向かいました

素敵な内装で煌びやかな空間。このような場所にまさかマグロが一本登場してくるとは、ゲストの皆様想像もつかないです。(笑)この真逆の組み合わせこそサプライズの効果抜群の商品となる訳です。しかも”出オチ”みたいな、マグロの登場時が一番のピークという訳ではありません。登場してビックリ!⇒マグロ解体ショーを見て・参加して楽しむ⇒捌きたてのお寿司を食べて大満足と、最後までピークが続く、そんな感じでしょうか。ですので、近年ご披露宴でのマグロ解体ショーのご依頼が非常に増えてきております。

ご披露宴でのマグロ解体ショーのタイミングは大きく分けて2つあります。スタートの新郎新婦様入場⇒挨拶⇒乾杯⇒歓談が始まって直ぐのタイミングか、新郎新婦様のお色直し入場後直ぐのタイミングかになります。今回は後者のお色直し後のタイミングでした。このタイミングですと、新郎新婦様が会場に入る前にご挨拶ができ、感謝とお祝いのお言葉を直接言えます。数十秒ですが、とても嬉しい瞬間です

マグロ入刀式!

マグロは幸せを呼ぶ魚と言われております。10日戎には神社に奉納され一年間の幸せを祈願する、そんなお祝い事にはピッタリのお魚です。そんなマグロの記念すべき一太刀目は、職人が行うのでは無く、新郎新婦様に行って頂きます。ケーキ入刀ならぬ【マグロ入刀式】ですね! マグロ長刀を二人で持ち、ゲストの皆様へ大きな幸せが訪れる事うを願って入刀して頂くこの瞬間は絶好のシャッターチャンスとなります。

マグロを只捌くだけでなく、部位毎に説明していきますので楽しくマグロの知識がお勉強できます。マグロ解体ショーをご覧になるシーンは市場やスーパーマーケットが多いかも知れません。自分達のグループだけでご覧になるマグロ解体ショーは盛り上がりも倍増です

ネギトロゴシゴシ体験

マグロの一番大きな骨、すなわち中骨の周りについている身を集めたものが中落ちと呼ばれるものです。スプーンで掻き出して食べる姿を目にしたこともあるのではないでしょうか。近頃では、骨付きのまま提供する料理店もあります。マグロは体格が大きいため、いかにうまく骨と身の間に包丁を入れたとしても、骨の周りに身が残ってしまうもの。スプーンなどで掻き出し、集めたものも販売されています。

マグロ解体ショーが終わりますと、捌きたての生マグロを使用した寿司の振舞いが始まります。皆さんが一番楽しみにしているお寿司(笑)、いち早くお届けする為にここからはスピード勝負。あっという間(時間にして約25分)で400貫のお寿司が出来上がります。ここまで生マグロの価値を様々な角度から説明してきましたので、満面の笑みでお寿司を召し上がられます